2017.04.28更新

staffblog☺温熱療法『インディバ』シリーズ②

インディバ

ん~やっぱり横向きになる(>_<)

ん‼横向きに撮ればいいのかなぁ。。。

 

さて、シリーズでお話している温熱療法のこと。

ヒトの温度調整機能「体温熱(平熱36.7℃±0.5℃が理想的)」は、

1.代謝で生じる熱

2.体外の温度を毛細血管により吸収する熱

3.体内で発生させるジュール熱

で保たれています。

 

1の「代謝で生じる熱」というのは、

カラダが自然にそうできるようになっています。

 

2の「毛細血管により吸収させる熱」というのは、

体外熱源と言われ、温泉・サウナ・岩盤浴・ゲルマニウムなどで

カラダが温まることです。

皮膚の真皮層(0.7mm)にある毛細血管が、

体外の熱を吸収し、血管は拡張し、

温かくなった血液は体内に運搬されます。

20分もすれば体全体の血液が温まるでしょう。

すると「芯まで温まった‼」と勘違いする訳です。

というのは、体外温熱療法では、

生体深部の細胞組織に、熱を浸透させる事は、

不可能だからです(>_<)

 

そこで、それを可能にするのが、

3の「体内で発生させるジュール熱=摩擦熱」。

ジュール熱を発生させる高周波温熱機器が

スペイン生まれの『インディバ』でございます。

 

次回のシリーズでは、

インディバが発生させるジュール熱について、

紐解いていきますね(^-^)/

 

 

~お知らせ~

4/29(土)~5/9(火)はGW休診となります。

素敵なGWをお過ごしくださいませ☆

日焼け対策は忘れずに~(^-^)/

 

 

なら美容形成クリニック

0742261309

奈良県初☆インディバ導入クリニック

 

投稿者: なら美容形成クリニックスタッフ

2017.04.27更新

staffblog☺温熱療法『インディバ』シリーズ①

インディバ

やっぱり不調(>_<)写真が横向き。

業者様側では直せないとか(・・;)

どーしたらいいのかしら?!

ごめんなさいね、顔を横に向けて見てください(-_-;)

 

 さて、気を取り直して、

『人はなぜ病気になるのか?』考えたことありますか?

・自律神経のバランスの乱れが健康を害するのです。

・ヒトの温度調整機能により体温は保たれています。

この体温熱は、

1.代謝で生じる熱

2.体外温度を毛細血管により吸収する熱

3.体内で発生させる物理的な熱=ジュール熱

によって保たれています。

 

平熱は36.7℃±0.5℃が理想的なことは、

ご存知の方も多いでしょう。

しかし、それ以下の方もたくさんいてますよね、

私の知り合いが元々が低体温で、体調も万全でなく、

ある日の朝35℃だったそうです(>_<)

びっくりして、温めるように言い続けました。

 

今や国民の9割は冷え性と言われ、その中でも女性が多く、

万病の元とも言われています。

原因は、主に食生活の乱れ。加工精製食品がそこらじゅうに

出回っているので、栄養バランスが乱れる訳でございます。

 

ヒトの生命の原点は『体温』である。

酸素に等しい重要な生体機能の源である。

 

~ヒトの体温~

36.5~37 免疫力が旺盛で健康

35.5         自律神経失調症、アレルギー症状、排泄機能の低下

35            癌細胞が最も増殖

34            生命の分かれ目

30            意識消失

27            死亡時の体温

 

 

『温めることの重要性』

ご理解いただけましたでしょうか。

引き継ぎ温熱療法『インディバ』を

出来るだけわかりやすくお伝えしていきますね(^-^)/ 

 

 

なら美容形成クリニック

0742261309

奈良県初☆インディバ導入クリニック 

 

 

 

投稿者: なら美容形成クリニックスタッフ