Drスノウブログ

2016.06.26更新

先日いつもお越し頂いているお客様から旬のサクランボを頂きましたniこんなの食べるとアンチエイジングで瞳が輝きそうなルビーレッド、超美味しかったです〜ありがとうございましたheart

サクランボ

さて、先日の日本抗加齢医学会総会で慶應義塾大学医学部眼科の先生方が講演されていた内容がとても興味深く、私が美容形成外科医&眼科医としての日常臨床において感じている内容とドンピシャリやったのでご紹介させて頂きます。

定期的にまつ毛エクステや毎日派手なアイメイクやアイプチを繰り返している女性の眼はマイボーム腺開口部が詰まってドライアイが悪化し、角膜や結膜に炎症を起こしてしまっている実例は昨日のブログに掲載させて頂きました。そして、まぶたの皮膚はまつ毛エクステの接着剤やアイメイクによる皮膚炎を起こしてシワシワになってるんですgan眼科の細隙灯顕微鏡で診察すると…眼が若い人はお肌も若い?逆に、お肌が若いと眼も若い?

まつげ

賢く美しいあなたは、まつ毛エクステは卒業して「まつ毛育毛剤グラッシュビスタ」デビューしましょうheartまつ毛育毛剤グラッシュビスタのお問い合わせ・ご予約は、なら美容形成クリニック0742-27-1309(ひとみまるく)迄どうぞお気軽にお電話下さいませ。

 

投稿者: DrSnow

2016.06.25更新

キレイになりたくて必死でアイメイクを頑張っておられる地域の皆様方へ〜牧野眼科での日常臨床で頻繁に経験する、アイメイクによる眼障害について本日はお伝えしたいと存じます。

目ヂカラをアップさせたくて、こんな感じでアイラインくっきりひいてませんか?⬇細隙灯顕微鏡で診察してみると…マイボーム腺開口部にまでぎっしり塗り込まれていますen

アイメイク

マイボーム腺開口部に及ぶアイメイクをされている患者さんの眼をフルオレセイン染色して診てみましょう。角膜に細かい傷が付いてまるで天の川のよう?典型的なドライアイによる角膜上皮障害を併発してしまっています。↓

ドライアイ

私達女子はいくつになってもキレイで可愛くありたい生き物なのですが、悲しいかなこの気持ちって男性Drには到底理解されませんよね…namidaなら美容形成クリニックでは、二重まぶたやたるみ取り手術を専門とする美容形成外科医として、奈良県内で唯一メディカルアートメイクを実施している女医として、日本抗加齢医学会専門医の眼科医として、地域の女性の目元のお悩みをトータルサポートさせて頂ければと存じますni

お問い合わせ・ご予約は、なら美容形成クリニック0742-27-1309迄どうぞお気軽にお電話下さいませ。

 

投稿者: DrSnow

2016.06.11更新

先月末も兵庫県姫路市で無資格者アートメイク店が医師法違反疑いで逮捕されていたのがニュースに出ていました。更に韓国製の高周波美容機器でやけどをさせていたとのことでした。無資格も韓国製もやっぱり怖いな〜と改めて感じましたehe

なら美容形成クリニックでは、奈良県内で唯一❕合法的なメディカルアートメイクを導入しております。麻酔クリームや局所麻酔注射を併用して、美容形成外科専門の女医が施術を担当します。

アートメイク

最近は眉のアートメイクだけでなく、眉間や目尻の表情じわのボトックス注射や、しみ・そばかすの光治療I2PL+(アイツーピーエルプラス)等と併せて目元のアンチエイジング医療を受けられる50代60代も多いです。しみ・しわ・たるみが酷くて眉だけが若返ってしまうと不自然なことに、美意識の高い地域の女性は気付かれるんですね〜niドクタースノウも同感です。

ボトックス

アイラインのアートメイクは世代を超えて人気で、まつ毛エクステ卒業生はまつ毛育毛剤「グラッシュビスタ」と併用されることが多いです。毎晩正しく塗るだけで、ご自身のまつ毛が太く・長く・多くなりますgya

お問い合わせ・ご予約は、なら美容形成クリニック0742-27-1309(ひとみまるく)迄どうぞお気軽にお電話下さいませ。

投稿者: DrSnow