Drスノウブログ

2016.03.20更新

眼瞼(まぶた)手術を専門とする形成外科医としてこの7-8年間眼科診療に携わる中で、アイメイクによる眼障害を沢山診る機会に恵まれました。なら美容形成クリニックでは、健康的に美しい目元を実現する為のポイントを地域の皆様方にお伝えしております。

細隙灯顕微鏡(スリットランプ)で診ると、描いたアイラインは大概滲んでしまって美しくなく、アートメイクのアイラインは滲みが少なくて美しいことに気付きます。派手なアイメイクを毎日続けている眼はアレルギー性結膜炎やドライアイを引き起こしています。更にまつ毛エクステを定期的にされている方は症状が酷く、エクステの接着剤で皮膚炎を起こしたり、50代以上の方はテキメン眼瞼下垂(がんけんかすい)になっていますenエクステって繰り返しまぶたに結構な重力がかかる上に、接着剤による炎症を起こしてしまうんです!重力と炎症の結果、まつげエクステが原因の眼瞼下垂の状態となります。眼瞼下垂の治療は形成外科手術しかありません❗お薬じゃあ治りませんよ〜。

健康的に美しい目元を実現したい!地域の女性におすすめは…睫毛育毛剤グラッシュビスタです!ご自身のまつ毛が太く&濃く&長くなるという嬉しい処方gya具体的な使用方法は、なら美容形成クリニックのHPにて動画をご覧頂けます。お問い合わせは0742-27-1309(ひとみまるく)迄どうぞお気軽にお電話下さいませ。

アイライン

本日はセンバツ甲子園開幕☆奈良県代表の母校智辯ナインの健闘を心より祈願致しますheart

投稿者: DrSnow

2016.03.02更新

なら美容形成クリニックでは、お電話やホームページからアイラインのアートメイクのお問い合わせが増えています。奈良県内で唯一合法的にメディカルアートメイクを実施しており、しかも顔面やまぶたの解剖を専門とする形成外科の女性院長が担当しております。眼科診療にも精通している為、地域の皆様方により安心して受けて頂けます。

皆様方からよく頂くご質問をいくつかご紹介させて頂きますni

「まつ毛エクステしてるんですけど、アイラインのアートメイクはできますか?」

➡麻酔クリームでエクステが取れてしまうことが多いので、まつ毛エクステが3-4週間で取れてくる頃に受診して下さい。エクステやりたてできれいなのが取れちゃったら勿体ないでしょう。

「アイラインのアートメイクはいくらかかりますか?」

➡ホームページの詳しい費用案内をご覧下さい。初めての方は3回コースがオススメです。数年前に他でされてそろそろ薄くなってきたという方は1回でも大丈夫です。

「アートメイクをする時コンタクトレンズは大丈夫?」

➡施術の際にコンタクトレンズを外して頂く場合がありますので、メガネとレンズケースを持参して下さい。

アイメイクや目元の老化に関する女性の興味が深いことがよくわかります。そして、このお悩みは(IKKOさんレベルでもない限り)男性医師には決して伝わらない内容であることもわかりますflower2

私達女性は閉経を迎えて50代60代以降になると、加齢により眼窩(顔面骨の一部で、眼球を入れているお椀型のような部分)に眼球が落ち窪み、まぶたのたるみが被さってくる為、目元の印象が老けて見えるようになります。小さく(見えるように)なった目元を美しいバランスに見えるように、メイクアップの技術ではアイラインを引きます。しかし❗実は50代60代って老眼世代なんです〜これは私が牧野眼科で日々診療をさせて頂く中で気付きました。身体の中で一番薄いまぶたの皮膚=最もシワたるみが目立ちやすい部位ですから、しわくちゃの皮膚にアイラインを入れるのって慣れないとガタガタになって難しい❕しかも老眼で見えないen

勿論まぶたの皮膚のシワたるみの酷い方は美容形成外科手術の適応です。大きく分けると二重瞼のラインでたるみを取る術式と、眉の下でたるみを取る術式があります。未だ手術まで必要ではない軽度のたるみや、どうしても手術は怖い〜って方には、高周波ペレヴェ治療がオススメですni

 

投稿者: DrSnow