Drスノウブログ

2019.10.07更新

秋のビタミンA補給にflower2父の自家製カボチャをトマトと一緒にオーブン焼きにしてみましたniheartまだまだ残暑でオーブン使うのは地球温暖化にマイナスではありますが…実りの秋❗食欲はじわじわ向上中です。

ビタミンAには細胞を正常化するという素晴らしい機能があり、お肌&全身のアンチエイジングに必要な抗酸化成分です。私自身は毎日エンビロンCクエンストーナー&4プラス&クリームプラスを朝夕愛用して、お肌に欠かさずビタミンA補給を心掛けています。地元で収穫された旬の野菜や果物には豊富な抗酸化ビタミンが含まれています。※海外輸入など、収穫されてから時間が経過するにつれてビタミンは崩壊してしまいます。

カボチャ

定年退職して毎日やることがなくてイライラだらだら過ごして、メタボやロコモなども悪化してしまうシニア男性も多いと聞きます。仕事だけでなく家庭を大切に趣味も楽しめるような現役世代を積み重ねてきたシニアは60代70代も何だか楽しそうですね〜。

投稿者: DrSnow

2019.09.27更新

先週末奈良市内で開催された認知症セミナーに70歳母を参加させました。参加者は800人位❗認知症が急増しており、団塊世代が認知症要介護を回避&対処することが社会全体の緊急課題のようです。脳科学の観点で講演はなかなか面白かったそうですniheart

「老人ホームにこれだけお金を使って介護される人生よりも、自分で自分のことができる毎日をできるだけ長く続けたいわ〜」と母は申しておりました。確かに❗認知症要介護オムツ人生よりも、毎日家族や親しい人近しい人と会話をして、100歳迄自分の脚で歩き自分の口で食べて、亀のように成長を続ける味わい深い人生を送れれば幸せでしょう。

《認知症になりやすい7つの性格》

①自己中心的②頑固③非社交的④短気⑤わがまま⑥几帳面⑦他人を受け入れない

《ストレス社会を上手に生きるための性格》

自己志向(自己決定と意思の力)(自己責任・目的志向性・臨機応変・自己受容)⇒慢性疲労・うつに陥りにくい

自己超越(自己忘却・霊的経験の受容・超個人的同一化)

ひとまずうちのクリニックに通院されている70代80代シニアマダムの皆様方は7つの性格に当てはまらないので、さすが❗趣味やボランティアに日々勤しんでおられるので、身だしなみも若々しく小綺麗になさっています。

個人的には生涯パワープレート加速度トレーニングをして、食生活と睡眠を最優先❗糖質依存や認知症で脳の働きが低下すれば、いくら勉強や仕事をしたくても困難になりますから。

投稿者: DrSnow

2019.09.21更新

全国的にも認知症の高齢者が急増しており、戸建ての住宅地では隣近所の人が居なくなりいつの間にか空き家になったな⇒認知症で自宅に居るのが困難になり高齢者施設に入居されたと噂で聞くことが多いそうです。70代80代の女性達は最近やっと「認知症にはなりたくない❗」と皆が口々に言うようになったようです。「認知症と癌ならまだ癌の方がマシかな…痛みは薬でコントロールして貰えばいいから。」なんて意見も…hun

実際の医療現場において、癌は認知症よりも決して楽な病気でもないように理解しています。手術や放射線治療、術後リンパ浮腫など複雑な悩みで、むしろ認知症でよく分からない方が幸せな部分もあるのかも?いずれにせよ認知症も癌も医療だけでは解決不可能であり、予防医学&食生活を中心にすべき問題です❗

糖質

国民の4人に1人が糖尿病とも言われる時代が到来しつつあります。糖尿病や歯周病はサイレントキラーとも言われ、適切な対処をしないと痛くも痒くもないのにどんどん進行してしまいます。単に薬で治るような病気でもありません。

糖尿病は「もれなく」認知症になりますし、実は糖尿病があるとガンも傷跡も治りが悪いので、根本的には糖尿病にならないことが大切です。パンお菓子スイーツパスタラーメンなどの糖質を毎日欠かさず食べ続ければ「もれなく」糖質依存になり、肥満や糖尿病を引き起こします。

24時間365日糖質が簡単に手に入り、いくらでも食べられる環境というのが本当に怖い現代社会なので、肥満も糖尿病も癌も認知症もなりたくない❗人は日常的にアンチエイジングを実践する必要があると思いますniheart私達と一緒に頑張りましょう〜❗

投稿者: DrSnow

2019.08.25更新

西太后の不老術=アンチエイジング術!⇐絶対知りたい~!!

清王朝の最期まで権力を維持した女帝は生涯様々な漢方薬を服用して、70代で亡くなる数日前まで頭もハッキリしていて国家の政治を主導したとのこと。

これ↓エンビロンのコスメティックロールキットに似ていますね~!私もお家で愛用していますheartni

西大后

 漢方の勉強にもとても面白い本で、何度も読み返しています。歴史がお好きな方もきっと興味深く楽しく読んで頂けそうな1冊です。

本

8/13火曜~8/27火曜は夏季休診となっております。
※ホームページの24時間仮予約フォームからのご予約は随時承っております。

投稿者: DrSnow

2019.08.21更新

「疲れない!痛まない!骨折しない!骨と筋肉が若返る食べ方」⇐特に60代以降の女性は必見です!

最近は若者だけでなく高齢者も糖質中毒が多大な健康被害の原因となっています。糖質でストレス解消するとか糖質でお腹を膨らますのは辞めて、野菜やタンパク質、良質な油(オメガ3)などを中心に、栄養バランスよく毎日の食生活を見直す必要があります。医療用サプリメントの併用も有効ですが、インターネット販売の海外の怪しいサプリメント(中国産などで健康被害が続出!)だけは絶対避けるようにして下さい!

栄養療法

8/13火曜~8/27火曜は夏季休診となっております。
※ホームページの24時間仮予約フォームからのご予約は随時承っております。

投稿者: DrSnow

2019.08.19更新

けいはんな地域の皆様方へ~残暑お見舞い申し上げます。

眠れなくなるほど面白い!糖質の話⇐ちょっぴりホラー?みたいな怖い現実も書かれていて、興味をそそられる1冊です。

パンお菓子スイーツ麺類を毎日大量に食べている現代人はしみ・しわ・たるみ・骨粗鬆症のみならず、血糖値スパイク⇒糖尿病・うつ病⇒認知症・網膜症・腎臓病など寝たきりや要介護のハイリスクに陥ってしまいます。安くて手軽な飲食物は大概が糖質中毒のエサですので、食品添加物(発がん性物質)と併せて、極力摂取を控える賢さを身に付けることが、美容と健康・アンチエイジングに必須でしょう!

糖質

8/13火曜~8/27火曜は夏季休診となっております。
※ホームページの24時間仮予約フォームからのご予約は随時承っております。

投稿者: DrSnow

2019.08.09更新

小学生の甥っ子姪っ子達は夏休みの課題図書、工作、そして進学塾に追われています。熱中症ハイリスクの為、今年から小学校の夏休みプールがなくなったらしく・・・小学3年生の末っ子が暇暇星人で退屈にならないよう、時々連れ出して一緒に遊んだりしています(笑)。

書店経営をしていた父のお陰で、幼い頃から本は読み放題!(笑)というありがたい環境に育った私ですので、夏休み期間中は色々オススメの愛読書をご紹介して参りますheartni

「50歳から輝く人、30歳で老ける人」⇐エンビロンのプロティア・ジャパン戸澤会長の著書です。実際戸澤会長にお会いすると、小柄で細い身体からどうしてあんなにエネルギーが出てくるのか?不思議な86歳のチャーミングな女医さんです。

本

8/13火曜~8/27火曜は夏季休診となっております。
※ホームページの24時間仮予約フォームからのご予約は随時承っております。

投稿者: DrSnow

2019.08.07更新

猛暑酷暑で冷たい飲食物の摂り過ぎで胃腸の働きが低下する為、全身が浮腫みやすく(水毒)なってしまう季節です。漢方薬などで水毒を改善するのと併用療法として、なら美容形成クリニックではインディバ温熱療法を導入しています。自律神経のバランスを整えて心も身体もリラックスして至福の時間ですheartgya

※夏は胃腸を冷やさないことが美容とアンチエイジングの秘訣ですが、適切な冷房とこまめな水分補給は心掛けて下さい。

インディバ温熱療法

美容形成アンチエイジング医療&エンビロントリートメント&インディバのご予約は、奈良市のなら美容形成クリニック0742-27-1309迄どうぞお気軽にご相談下さい。ホームページの24時間仮予約フォームも併せてご利用下さいませ。

投稿者: DrSnow

2019.07.29更新

「骨と筋肉が若返る食べ方」整形外科医大友先生の著者ですni

3年前に大阪大学整形外科先端医療センターでパワープレート加速度の臨床研究に関する医師のセミナーが開催されました。大友先生も講演されていて、パワープレートを10台以上保有して、クリニックに通院される患者さんをどんどんパワープレートに乗せていると話しておられました。

私自身も形成外科研修中に2年以上整形外科研修を受けた為、皮膚や血管のみならず骨や筋肉を健康に若々しく維持する方法には公私共に興味津々ですheart

大友整形外科

骨と筋肉の為にはパワープレート加速度トレーニングのみならず栄養も大切です❗紫外線からだけでなく食品からビタミンDを充分摂取する為には、医療用サプリメントも活用しましょう。

料理なんてすることがない男性医師目線なので仕方ないのですが・・・正直この本に書かれているほど毎日肉ばかりは食べれそうにありません。しかし意識してたんぱく質を摂取する&糖質は控え目にすることはアンチエイジング医学にも必須科目でしょう❗

投稿者: DrSnow

2019.07.23更新

私自身20年以上、美容形成外科手術やレーザー治療などで女性のお肌を間近に見る診療を続けてきた中で、様々な真実に気付かされました。

糖質

骨粗鬆症の人はシワが多い傾向があることは既にお伝えしましたが…糖質中毒は皮膚のシミ・シワのみならず高血圧や心筋梗塞、糖尿病や骨粗鬆症、認知症やガンなど重大な疾患のハイリスクですgan
年齢より老けて見えるのはAGE(終末糖化産物)のせいで、たんぱく質とブドウ糖が結び付いて劣化する「糖化」という反応により起こります。現代社会は24時間365日パンお菓子スイーツ麺類などの糖質が溢れる、大変危険な環境です。全身にAGEを溜めない為には、糖質の摂り過ぎを避けることが大切です。

2017年に医学雑誌「ランセット」が炭水化物の摂り過ぎによる死亡リスクの研究論文を発表し、世界的に話題になりました。糖質は麻薬の次に依存性が高いと言われています。
シミ・シワ・たるみは美容形成医療である程度改善できる時代ですが、日々老化を加速させる糖質中毒を回避することがアンチエイジングには必須ですni

 

投稿者: DrSnow

前へ