Drスノウブログ

2020.06.29更新

じめじめ梅雨入り直前に、今年の梅酒を漬けました❗実家の近くの田や畑の隅に生えている梅なので勿論無農薬ですniheartきれいな色の青梅はフィトケミカル一杯❗ツヤツヤピカピカです。漢方薬膳的に梅は夏バテや疲労回復、下痢や胃腸強化など…梅雨にオススメ食材です❗

隙間時間を有効活用して、急上昇した自炊偏差値を維持しています(笑)。レパートリーが増えて効率的に献立を立てれるようになり、食品ロスも削減しました。プラスチック毒やプラスチックゴミを増やさないよう❗テイクアウト利用は皆無です。

梅酒

梅雨時は食品のみならず心や身体にもカビが生えやすく要注意❗毎日STAY HOMEやり過ぎて、白砂糖や小麦を沢山食べてゴロゴロ運動不足が続くと、内臓脂肪=健康負債や消化管にカンジダ菌が激増してしまいますganカンジダ菌などの悪玉デブ菌が増えると、ポッコリお腹のみならず皮膚の糖化=シミやシワも増えてしまいます。素肌が糖化すれば当然マスク被れやアレルギー性皮膚炎などの原因となります❗ステロイドや保湿剤で誤魔化してたら本当に病気になってしまうかもしれません。

投稿者: DrSnow

2020.06.21更新

久々におうちピザを焼きました❗新鮮な夏野菜をのせて焼きたてを頂きます。手作りは慣れないと面倒かもしれませんが、抗酸化力や栄養価は高めて、食品添加物や保存料を極力控えることができます。いつも楽や便利ばかり求めていると肥満や糖尿病、認知症の原因になりますから、頭も身体もちゃんと使いましょう〜❗

ピザは手作りパンよりもずっと簡単?単に生地を作るのがメインなので、初めての方にもオススメです。梅雨時は特に食中毒も怖いので、個人的にはテイクアウトは許せてもデリバリー等の利用はやはり怖いです。。。医療従事者としては食中毒も感染症もどちらも予防&回避すべき使命感がありますから。

ピザ

今回は小さく焼いて甥っ子姪っ子達にお裾分けしましたniheart今年は夏休み少ししか無くて可哀想ではありますが…兎に角元気に通学して、体育や行事も無事ある程度行われますように❗

投稿者: DrSnow

2020.06.09更新

最近何故かインディバご希望の方が急増しています。コロナ自粛太りで体重が増えたり、顔や足がむくんだり、といった理由も多いようです。コロナ太りを放置しない❗ことが大切です。

「新型コロナ感染症による重症化リスクは肥満、喫煙者にサイトカインストームが起こりやすい」という見解が報告されつつある昨今、(脂肪吸引ではなく、脂肪融解注射ではなく)インディバを選択される方は偉い❗です。インディバは内臓脂肪を減らし、毛細血管の血流まで改善してくれますからniheart

梅雨入り前の6月、夏本番の7〜8月、猛暑酷暑で血液ドロドロの8〜9月、漢方的には湿邪や燥邪などで胃腸の働きが低下し、更に冷房で下半身が冷えることにより、全身のむくみが悪化しやすい季節に当たります❗

夏バテや下半身の冷えやむくみを改善する漢方薬(健康保険処方)、パワープレート加速度トレーニングを併用すると、相乗効果によりインディバ最強❗になりますよ〜。

インディバ

ホームページの24時間ご予約フォームからご予約下さいませ❗

投稿者: DrSnow

2020.05.23更新

さて、関西も緊急事態宣言解除で「そろりそろり安全運転で」新しい日常生活にシフトしつつあります。

普段は揚げ物が面倒で滅多に作らない…黒酢酢豚を久しぶりに作りました❗パイナップルも入れます。漢方薬膳的に、黒酢は全身のお血(血の塊や滞留)を改善する働きのある食材です。目の下のクマや生理痛の改善目的でも、黒酢は積極的に摂りましょう❗

蒸し暑い日本の夏は油断大敵❗血液ドロドロになりやすい季節ですから、食養生や運動を毎日継続しましょうniheart

コロナパンデミックで自粛生活が続く今年は特に要注意です❗肥満はDVT:deep venous thrombosis(深部静脈血栓症)を伴う場合が多く、ドイツのコロナ感染死亡者の剖検ではDVTとの密接な関連性が報告されています。呑気に太ってる場合じゃありません❗

かれこれ1ヶ月半以上続くSTAY HOME自粛期間中に、自炊偏差値急上昇❗しちゃいました。もはやB級グルメは不味くて暫く食べられなさそう…食品添加物や化学調味料たっぷりの外食チェーンやレトルト食品は益々苦手になりそうです。。。

黒酢酢豚

フェイスシールドだらけの手狭な飲食店は、アルコール消毒液(メチルアルコール)と火気(ガスコンロ、タバコなど)が合わさると熱傷(やけど)発生リスクが心配です。形成外科医としては本当に要注意して欲しいです。

暫く医学会や勉強会、セミナー等は全て中止なので、引き続き週末は自炊偏差値を更に急上昇させます❗苦手な夏を乗り切る体力気力を養うためにも、ゆるゆる頑張っていきましょう〜tigersnake

 

投稿者: DrSnow

2020.05.03更新

STAY HOME週間も自炊偏差値急上昇中です(笑)❗やや面倒で普段は滅多に作らないレシピも久しぶりに作っていますniheart

和風大根カレー↓前日から仕込みが必要です。大根のみりん醤油漬けを前日に作ります。カレールウも使わず、カレー粉と胡麻油と少量の小麦粉を使います。豚肉と大豆水煮で独特の味わいtiger

カレー

アンチエイジング専門医である私達は誰一人として感染する訳にはいきませんから、漢方や薬膳を基本とする食養生を極めるのも仕事の一つかもしれません。

エイズAIDSや梅毒などのSTD(性行為感染症)などとは異なり、飛沫感染である新型コロナ感染症は誰が感染してもおかしくない病気ですから、一部の人だけではなく全ての人類が感染しない&させない&差別しない意識が必要不可欠ですflower2

 

投稿者: DrSnow

2020.04.07更新

実は1月末から国内や海外のニュースを毎日徹底的に❗見ています。感染症やウイルス学の専門医、経済学者や歴史学者、文学者や漫画家など…異なるジャンルの有識者の観点から、天然痘やスペイン風邪に始まり、AIDSやエボラ出血熱ウイルス、SARSやMARSなどの感染症が歴史や文明をどのように変化させて来たのか?様々なdiscussionが行われていて、大変興味深く視聴しましたtigerburn

コロナウイルス感染症は感染速度が速いと強毒化する可能性も高まるそうです。最初は高齢者中心だったものが、最近は10代20代の若者にも急増しているのはその現象かもしれません。しかしもはや日本は緊急事態宣言が出ても都市封鎖もできない上に、完全な移動制限も不可能かもしれません。

「日本人は概して想像力不足❗」という意見もよく聞かれました。万が一の事態や最悪の事態を考えた上での対策を立てておけば、大概のトラブルを最小限に未然に予防することができる可能性ができます。

自分自身が感染症にかかると⇒家族や周囲の人に感染させてしまうかもしれない、社会全体の感染者が増えると⇒自身や家族も感染するかもしれない、だから全ての人が感染予防を撤退する必要がある❗←こんなふうに想像力を働かせて行動しましょう。

パンお菓子スイーツ食べ過ぎると太るしニキビやシミやシワも増えて損だな〜⇒野菜中心の食生活に改めよう❗←こんなふうに想像力を働かせることができれば、腸内環境も改善して免疫力もアップして、勿論感染症リスクも低減できますねniheart

歯磨きしないと口臭で他人から嫌がられるな〜⇒毎日きちんと歯磨きして栄養バランスの良い食生活を続けよう❗⇒便秘も口臭もなくなったし、ポッコリお腹も少し改善して嬉しいな〜←こんなふうに想像力を働かせて、素敵な笑顔美人になりましょうflower2

投稿者: DrSnow

2020.03.21更新

春なので、久しぶりに茶碗蒸しを作りましたniheart今回はチーズ入り茶碗蒸しではなくて、お豆腐を入れる簡単レシピです。コロナやインフルエンザ、花粉症などが流行する春は肺経の巡りをよくするユリ根、気の巡りをよくして免疫力を高める春菊などを積極的に摂りたいので❗

茶碗蒸し

新興&輸入感染症が頻発するグローバル時代は、薬やワクチンに頼り過ぎない❗自分自身の免疫力を普段から高める食生活が一番大切です。毎日自宅でパワープレート加速度トレーニングをしたり、腸内細菌のバランスを整える為に自炊能力を高めることも大切です。

これからは全国の医療機関がQQ患者さん以外は原則予約制として、クリニックは窓が開閉可能で換気良好なテナントが安心安全です。狭くて異常に細い入口や、動線の悪いクリニックは、公衆衛生上も感染症に関してもハイリスクな時代かもしれません。

投稿者: DrSnow

2020.03.11更新

先日お仕事の合間にヘルシーな野菜料理のお店に連れて行って貰いましたniheart彩りきれいなランチプレートが春らしい感じですね〜手作りの有機野菜中心で、ほっこり美味しいひとときをありがとうございました〜flower2

ランチ

東洋医学&薬膳の春は野菜中心です❗春は細菌やウイルスの活動が活発になるので気血水の流れを改善して免疫力を維持する必要があります。肝の巡りを良くする葉野菜(春菊、菜の花、ブロッコリー、春キャベツなど)や肺の巡りを良くする根菜(ユリ根、れんこん、かぶらなど)を積極的に取り入れましょう。

インスタ映えするパンお菓子スイーツばかり食べていると腸内細菌カンジダだらけになり、ニキビやしみ、便秘やポッコリお腹に悩まされることにgan腸内環境が悪いとコロナやインフルエンザウイルスにも感染しやすくなりますので、食養生しましょう❗

投稿者: DrSnow

2020.02.19更新

「自身も他人も守る❗」コロナウイルス感染症対策は全ての国民にとって緊急課題となっていますtiger

具体的には…①人混みでは必ずマスク、咳エチケット②手洗い・うがい・アルコール消毒③栄養バランスのよい食生活④十分な睡眠⑤ビタミンD摂取⑥身体を温めて免疫力を維持する⑦禁煙⑧歯磨き・歯間ブラシ(口腔内環境を整える)⑨適度な運動

⑩テレビや新聞などから正しい情報収集(インターネットに騙されない❗)⑪感染が疑われる症状の際は厚生労働省や地域の保健所に連絡して、指定医療機関を受診する(あちこちむやみやたら受診してはいけない❗)

考えてみれば…①〜⑨は普段のアンチエイジングの極意と同様になりますflower2非常時に⑩⑪だけでは到底対応不可能なので、日々アンチエイジング&公衆衛生を実践することが大切でしょう。

人口密度の高い経済大国シンガポールでは、オフィス入口で体温checkをしたり、自宅療養が必要とされている感染した人が違反すると80万円以上の罰金が課せられたり…徹底した厳しい検疫体制が強化されているそうです。

日本の大手企業でも出張の自粛、時差出勤やテレワーク、テレビ会議などを着実に進めているとのことです。総合病院(手術後や重症の患者さんが入院する)や高齢者施設(認知症や骨粗鬆症、生活習慣病など免疫力の低下した老人ばかり)なども極力面会の自粛を求めています。

私自身は幸い美容形成と眼科の診療しか行わない為、実際は発熱など体調不良の患者さんを診療する機会は99%ありませんが…無症状の不顕性感染には要注意しています。医療者として院内感染を予防することは社会的責任なので最大限の予防をしますが…医師も看護士も厚生労働省の職員も皆同じ人間ですから、万が一感染した場合は直ちに療養する必要があります。

医科限定ビタミンDサプリメント、マヌカハニー、鍼灸&漢方薬&インディバ温熱療法、パワープレート加速度トレーニング、薬膳料理(生姜、ネギ、鶏肉、百合根など)、湯たんぽ&炭酸泉入浴など…あらゆる手段を駆使してアンチエイジング&感染症予防を実践していきましょう〜niheart

投稿者: DrSnow

2019.12.19更新

師走も寒暖差の激しい毎日が続いており、油断すると自律神経のバランスを崩し易い気候です。勿論2019年の温活&美活はインディバ温熱療法で決まりです❗インディバは自律神経のバランスも整えてくれます。あなたも「温かく心身共に癒されるトリートメント」をどうぞ体感してみて下さい❗なら美容形成クリニックでは開院当初よりインディバ温熱療法を導入しており、様々な症状やお悩みの女性に受けて頂いております。

毎年冬にしもやけに悩まされる方は、慢性的な冷えによりリンパや血管の流れが停滞している可能性もあり、漢方薬やインディバ温熱療法による根本的な体質改善が必要ですniheart特にパン・お菓子・スイーツなどの砂糖を沢山摂る人、お酒を沢山飲む人、スナック菓子など塩分を沢山摂る人、などは浮腫みが悪化しやすいのでくれぐれも量を控え目に制限して下さい❗

インディバ

ほっこり過ごしたい季節になりました。東洋医学的にもお腹を温めることはアンチエイジングに必須とされています。毎日の食生活は勿論のこと、外食の際も栄養バランスの良いものを心掛けましょう〜flower2

薬膳中華

美容形成アンチエイジング医療&エンビロントリートメントのご予約は、奈良市のなら美容形成クリニック0742-27-1309迄どうぞお気軽にお電話下さいませ。ホームページの24時間仮予約フォームも併せてご利用下さいませ。

投稿者: DrSnow

前へ