Drスノウブログ

2016.07.28更新

NHKの朝ドラはその時代の女性の生き方がとてもよく反映されていて面白いな〜と感じます。アベノミクスの政策も反映してるのか?最近の「あさが来た」は女性経営者、「とと姉ちゃん」は女性起業家、とキャリア女子の主人公が続きます。長引く不況や不安定な世界経済、世界中で多発するテロ、日本列島に頻発する地震や土砂災害、少子高齢化に伴う様々な問題など…私達女性もあんまりボーッとはしていられない21世紀を迎えています。

さて、形成外科は女性と子供の為の医療として発展した歴史も大きい診療科ですflower2「形成外科が根付くにはある程度の文化度がないと無理なんだよ…」と昔昭和大学や川崎医大の先輩形成外科医が語っておられたのを記憶しています。母校大阪医大もそうですが…形成外科に関してはやはり私立の医学部における歴史が長い分、医療として成熟度が高いというのが現実です。実際には形成外科を皮膚科や整形外科と勘違いして医学として区別できないレベルでは、患者さんの気持ちが伝わる形成外科医療が実現することは到底あり得ない訳ですnamida

女性のしみ・そばかす・くすみ・しわ・たるみなどの老化現象は病気ではなく、勿論生死に関わらない=緊急性の乏しい悩みです。毎日自宅にいて他人様に殆ど会わない生活であれば未だしも…キャリア女子や比較的社交的な女性は特に気になる悩みです。つまり、私達女性が社会で活躍する時代だからこそ❗改めて形成外科や美容外科が正しい形で普及する必要性を感じますniという訳で…なら美容形成クリニックの「きれいに元気にあなたらしく」というキャッチコピーを閃いた次第です。

投稿者: DrSnow

2016.07.23更新

夏はどうしても汗をかくとアイメイクが滲みやすくなったりして面倒という方、育児家事に追われるママさんやキャリア女子など毎日が戦争でゆっくりメイクに時間をかけられないという方、スポーツジムやプールで汗をかくと眉が禿げて麻呂状態!という方(笑)、老眼や緑内障で眉やアイラインがうまく描けない方へ~眉やアイラインなどのメディカルアートメイクは、なら美容形成クリニック人気メニューの一つです。

施術後1週間位はプールや海や大衆浴場などは避けて清潔にお過ごし頂きたいので、特に夏休み中にご希望の方はスケジュールをご確認の上、ご予約下さいませ。

アートメイク

なら美容形成クリニックでは、美容形成外科が専門の女性院長による目元のアンチエイジング治療も一緒に受けて頂けるので安心です。眉がくっきり若々しくなったのに目元がシワだらけやったりすると不自然さを感じられる女性も多く、表情じわのボトックス治療や目の下のクマのヒアルロン酸注入なども併せて受けられる方が増えています。

ボトックス

ご自身のまつ毛を太く・濃く・長く育ててくれるheartまつ毛育毛剤グラッシュビスタの処方もおこなっております。

お問い合わせ・ご予約は、なら美容形成クリニック0742-27-1309迄どうぞお気軽にお電話下さいませ。

投稿者: DrSnow

2016.07.08更新

気になりますよね〜加齢によるまぶたのたるみ、アイプチで誤魔化している方もおられますが…逆に毎日アイプチを続けることによってまぶたの皮膚炎やアレルギー性結膜炎、更にまぶたのたるみが悪化する可能性もあることをお忘れなく〜en

まぶたのたるみが軽度の方、手術はちょっぴり勇気が出ない、まだ高齢ではないのでまぶたのたるみを予防していきたい、という方にオススメが目元のペレヴェ治療です。勿論お仕事を休む必要も無く、痛み少なく受けて頂けるので、定期的に受けられている方が増えています笑う目元のペレヴェは1回3万円で、3-4週間毎に繰り返し施術します。切らないでコラーゲンを増やすことでたるみを改善するので、最低3回以上継続して受けられるのが効果的です。

ペレヴェ

眼科的に視野障害を認める場合に限り、健康保険適応で眼瞼下垂手術を受けることも可能ですが…くれぐれも「まぶたを開けやすくする手術」であって、あくまでも「美容的な若返り手術」ではないことをご了承下さいませ。

余談ですが…私の母には60歳の退職祝にまぶたのたるみ取り手術をプレゼントしましたni「おじいちゃん寝てるの?」と可愛い孫に言われるものだから、父には65歳でまぶたのたるみ取り手術をプレゼントheart祖母には80代で逆まつ毛の手術をプレゼントしました。という訳で…ドクタースノウfamilyは美容形成外科手術やボトックスがプレゼントだったりする?生粋の奈良県民一族であります(笑)。

まぶたのたるみ&若返り治療のお問い合わせ・ご予約は、なら美容形成クリニック0742-27-1309(ひとみまるく)迄どうぞお気軽にお電話下さいませ。

投稿者: DrSnow