Drスノウブログ

2019.01.25更新

私自身が幼少期からお世話になった形成外科医の大先輩(御年88歳❗)から頂いた年賀状に、物忘れが酷くなっている様子が綴られていてびっくりしました。

統計的には65歳以上の日本人の15%が認知症ですから、決して珍しいことでもないのかもしれません。。。

幼い頃から父と仲良くしてきた79歳の叔母も認知症と緑内障が進行して最近では日常生活が困難になりつつあるようで、もはや認知症は決して他人事でもありません。

残念ながら認知症と診断される迄至ると、もはや日常生活困難で医療よりも介護が中心となります。健康保険診療で有効な認知症の薬は実際ありません❗と医師会の会長先生が公言されていました。効かない薬を仕方なく出してるってことですね…ehe

MCI(軽度認知障害)とは「物別れはあるが、日常生活への影響は殆どなく、認知症とは診断できない状態」です。MCIの段階で認知症に進行しないようストップすることが最も大切です❗

投稿者: DrSnow