Drスノウブログ

2019.08.19更新

けいはんな地域の皆様方へ~残暑お見舞い申し上げます。

眠れなくなるほど面白い!糖質の話⇐ちょっぴりホラー?みたいな怖い現実も書かれていて、興味をそそられる1冊です。

パンお菓子スイーツ麺類を毎日大量に食べている現代人はしみ・しわ・たるみ・骨粗鬆症のみならず、血糖値スパイク⇒糖尿病・うつ病⇒認知症・網膜症・腎臓病など寝たきりや要介護のハイリスクに陥ってしまいます。安くて手軽な飲食物は大概が糖質中毒のエサですので、食品添加物(発がん性物質)と併せて、極力摂取を控える賢さを身に付けることが、美容と健康・アンチエイジングに必須でしょう!

糖質

8/13火曜~8/27火曜は夏季休診となっております。
※ホームページの24時間仮予約フォームからのご予約は随時承っております。

投稿者: DrSnow

2019.08.17更新

「性格・運勢・相性はすべて顔に書いてある!人相診断の本」⇐ドッキリしますね~abon時折占いで見てもらってほくろ除去を希望で来院される方もおられますので、ちょっぴり興味深くて読んでみました。

ほうれい線は全然無いよりも年齢相応に出てくるのが良い人相だそうです。眉間のシワはやはりあまり良い人相ではなくて、目尻のシワは多少あっても問題ないそうです。勿論個人差はありますが・・・きれいに若々しくして、人相学的にも良い感じの美容形成アンチエイジング医療が実現すればよいな~と思いますheartni

人相診断

8/13火曜~8/27火曜は夏季休診となっております。
※ホームページの24時間仮予約フォームからのご予約は随時承っております。

投稿者: DrSnow

2019.08.15更新

日本人であればやはりご先祖様に感謝するお盆休みなので…春日大社元宮司さん形成外科医の本がオススメですniheart

葉室先生は大阪大学医学部を卒業されて形成外科医として口唇口蓋裂ややけどの傷跡などの手術をする臨床医として長年活躍された後、春日大社の宮司(藤原氏の直系子孫がなるしきたり)になられました。鍼灸治療も併用して手術の痛みを和らげたり傷の治りを良くしたりするのに活用されていたそうです。

沢山の著者を読むと、葉室先生はカチコチ石頭(医師頭)じゃなく幅広い教養に溢れた大先輩だった様子を伺うことができます。日本古来の大和魂とか、自然と共生する生活を、私達日本人は思い出さなければならない緊急性が差し迫っているようにも思います。私自身にとっては本当に深〜い1冊です。

葉室宮司

8/13火曜~8/27火曜は夏季休診となっております。
※ホームページの24時間仮予約フォームからのご予約は随時承っております。

投稿者: DrSnow

2019.08.13更新

読むことで美しくなる本☆ココ・シャネルの言葉⇐本当にきれいになりたい女性は何歳であっても必読の1冊です!!

「20歳の顔は自然がくれたもの。30歳の顔は、あなたの生活によって刻まれる。50歳の顔には、あなた自身の価値が刻まれる。」これ、一番好きな言葉かも❗年齢を重ねたミドルやシニア女性の顔には、個人の人生が間違いなく刻まれる様を現実に日常臨床で診ている私にとっては100%納得できる言葉です。

「醜さは許せるけど、だらしなさは絶対に許せない。」努力して何とかなる分野に努力しない人を、シャネルは、強く軽蔑していました。努力しない女性はだらしなく醜くなってしまうのかも?

本当に、全て心に刺さる言葉ばかり〜シビれる毒舌満載!heart3gya

シャネル

8/13火曜~8/27火曜は夏季休診となっております。
※ホームページの24時間仮予約フォームからのご予約は随時承っております。

投稿者: DrSnow

2019.08.11更新

けいはんな地域の皆様方へ〜8/13火曜~8/27火曜は夏季休診となっております。

※ホームページの24時間仮予約フォームからのご予約は随時承っております。

くれぐれも光老化対策&熱中症対策を万全に!夏季休暇を楽しみましょう~heartni遠方にお出掛けの際は、台風情報などもこまめにチェックして下さいませ。

エントランス

美容形成アンチエイジング医療&エンビロントリートメント&インディバ温熱療法のご予約は、奈良市のなら美容形成クリニック0742-27-1309迄どうぞお気軽にお電話下さいませ。ホームページから24時間仮予約フォームも併せてご利用下さいませ。

投稿者: DrSnow

2019.08.09更新

小学生の甥っ子姪っ子達は夏休みの課題図書、工作、そして進学塾に追われています。熱中症ハイリスクの為、今年から小学校の夏休みプールがなくなったらしく・・・小学3年生の末っ子が暇暇星人で退屈にならないよう、時々連れ出して一緒に遊んだりしています(笑)。

書店経営をしていた父のお陰で、幼い頃から本は読み放題!(笑)というありがたい環境に育った私ですので、夏休み期間中は色々オススメの愛読書をご紹介して参りますheartni

「50歳から輝く人、30歳で老ける人」⇐エンビロンのプロティア・ジャパン戸澤会長の著書です。実際戸澤会長にお会いすると、小柄で細い身体からどうしてあんなにエネルギーが出てくるのか?不思議な86歳のチャーミングな女医さんです。

本

8/13火曜~8/27火曜は夏季休診となっております。
※ホームページの24時間仮予約フォームからのご予約は随時承っております。

投稿者: DrSnow

2019.08.07更新

猛暑酷暑で冷たい飲食物の摂り過ぎで胃腸の働きが低下する為、全身が浮腫みやすく(水毒)なってしまう季節です。漢方薬などで水毒を改善するのと併用療法として、なら美容形成クリニックではインディバ温熱療法を導入しています。自律神経のバランスを整えて心も身体もリラックスして至福の時間ですheartgya

※夏は胃腸を冷やさないことが美容とアンチエイジングの秘訣ですが、適切な冷房とこまめな水分補給は心掛けて下さい。

インディバ温熱療法

美容形成アンチエイジング医療&エンビロントリートメント&インディバのご予約は、奈良市のなら美容形成クリニック0742-27-1309迄どうぞお気軽にご相談下さい。ホームページの24時間仮予約フォームも併せてご利用下さいませ。

投稿者: DrSnow

2019.08.05更新

けいはんな地域の皆様方へ~猛暑酷暑で夏バテしていませんか?

紫外線による光老化でダメージを受けたしみ・そばかす・くすみ・小じわ・毛穴などを放置しておくと、夏に10歳老けてしまうかも?

月1~2回の集中的エンビロントリートメントでお肌にビタミンA,C,E,ペプチド等の抗酸化成分をしっかりチャージしましょうniheartどなた様もリラックスしてきれいになりましょう~。お得な6回コースや13回コースもございます。

クールビタミントリートメント

美容形成アンチエイジング医療&メディカルエステのご予約は、奈良市のなら美容形成クリニック0742-27-1309迄どうぞお気軽にご相談下さい。ホームページの24時間仮予約フォームも併せてご利用下さいませ。

投稿者: DrSnow

2019.08.03更新

梅雨明け直後から猛暑が続いていますので、なかなか奥深い~熱中症対策!皆でお勉強しましょう~heartni


熱中症対策に つ い て

■身体の機能に不可欠な電解質 人間の体の約 60%は水分と言われており、この水分(体 液)には電解質(イオン)が含まれています。電解質とは 水に溶けると高い電気伝導性を持つ物質のことで、主に ナトリウム、カリウム、クロ-ル、カルシウム、マグネシウムなど があります。電解質の性質を利用して私たちの体内では 水分量の調節、神経伝達、筋肉の収縮など、重要な役割 を果たしているため、このバランスがとれなくなると 体の機能が低下し、命にかかわることがあります。

■熱中症とは 体温が上がり、体内の水分や電解質(イオン)のバランス が崩れたり、体温の調節機能が働かなくなることで、 さまざまな症状を起こす病気のことを指し、重症度に よって次の 3 つの段階に分けられます。
●Ⅰ度 : 現場において対応可能な状態 めまい、立ちくらみ、あくび、大量の発汗、筋肉痛、 筋肉の硬直(発汗に伴う塩分の不足で生じるこむら返り)
●Ⅱ度 : 病院への搬送を必要とする中等症 頭痛、嘔吐、倦怠感、虚脱感、集中力や判断力の低下

●Ⅲ度 : 入院して集中治療の必要性のある重症 40℃以上の高体温、脳機能障害、肝・腎機能障害、血液 凝固障害のうちいずれか

(熱中症診療ガイドライン 2015 より)

■熱中症が起こりやすい条件と予防ポイント 次のような環境では、特に注意が必要です。 「気温、湿度が高い」「 風が弱い、日差しが強い、照り 返しが強い」「 急に暑くなった」など 意外にも、気温が低い日でも湿度が高いと熱中症にかか りやすくなります。また、家の中でじっとしていても 室温や湿度の高さから熱中症にかかることもあり、最近 ではこの様な室内型熱中症が注目されています。

【予防ポイント①:暑さを避ける】 外出時には帽子や日傘で日差しを遮るようにし、襟口や 袖口があいたデザインの服装がお勧めです。室内では ブラインドやすだれで直射日光を遮るほか、扇風機や エアコンで室温・湿度を調整しましょう。

【予防ポイント②:こまめな水分とミネラルの補給】 熱中症では水分とともにビタミンやミネラルの喪失がある ため、水分の補給に加えてミネラルの補給も重要です。 のどが渇く前からこまめに水分を補給しましょう。 スポーツ飲料は水分とミネラルを同時に補給できますが、 糖分が多いため飲み過ぎには注意が必要です。ミネラル を補給するには、経口補水液や麦茶などの方が良いでし ょう。※コーヒーや緑茶などのカフェインが多く含まれてい る飲み物、アルコール類は利尿作用があるので適しません。
【予防ポイント③:適切なタンパク質の摂取】 熱中症は水分やミネラル補給が注目されがちですが、 タンパク質の摂取もポイントとなります。 夏は暑くて食欲がなくなるため、栄養補給をしにくく 食事も素麺やうどんなどのあっさりしたもの(炭水化物) ばかりに偏り、栄養がアンバランスになります。 タンパク質が不足した場合、体内の血液量を調節する アルブミンが低下し熱中症になりやすいのです。水分 補給をする際、スポーツ飲料の代わりに牛乳(アレルギーや カゼインに問題ない方)を摂取したり、食生活を見直す こともお勧めです。

■特に熱中症を注意したい方
乳幼児汗腺が未熟で体温コントロールがうまくでき ません。また、新陳代謝が活発で体温が高いため、炎天 下の車内や気温が高く晴れた日では短時間で体温が上昇 し、生命に危険が及ぶ場合があります。外出時には水分 補給や服装に気をつけて、顔色や汗のかき方の様子を見 るようにしましょう。

高齢者】年をとると体内の水分割合が少なくなり、 暑さやのどの渇きを感じにくくなります。のどが渇いて いなくてもこまめに水分補給を行い、部屋の温度をチェ ックするようにしましょう。 このほか、運動に慣れていない方や、肥満の方、寝不足 や疲れ・持病などで体調が悪いなどの場合も熱中症が 起こりやすくなります。食事からの栄養摂取についても、 夏場は食欲が落ちがちですが、十分な補給が必要なため、 食事摂取基準を参考に最適量の摂取をお勧めします。

■応急処置 熱中症の症状が現れた場合は、まず涼しい場所に移動さ せること、衣服を脱がし、身体を冷やすことが大事です。 たとえ意識があっても自力で水分をとれない場合は、 直ちに医療機関に救急搬送しましょう。

投稿者: DrSnow


SEARCH