Drスノウブログ

2019.09.25更新

先週末は市民ワークショップに参加してみました。参加者は仕事を頑張る20代30代若者、自営業や教育関連の仕事をする40代50代ミドル、定年退職後の60代70代シニア、ざっくり30名位?真面目に考える人達って雰囲気でした。

10年後にどんな人生を歩んでいたいか?そのためにはどんな地域やまちであって欲しいか?をdiscussionするワークショップで、年齢や職業、価値観の異なる人達が様々な意見を交換する場でした。もしかすると昔の村の寄合ってこんな感じだったのかしら?

スウェーデンの16歳グレタさんの活動が注目されており、地球温暖化の問題が世界中で議論されていることもあり、市民の中でも自然環境を大切にした未来のまちづくりを希望する意見もちらほら聴かれました。

私自身の夢は…女性起業家&女性医師として地域の美容健康アンチエイジングに貢献する仕事がしたいと考えていますniheartまぁ一人で実現できる夢でもありませんから…プライベートもビジネスも大切な人に恵まれ、心身共に健康をキープできるよう、少しずつ幅広く学びながら成長したいと思います。。。

ごはん

臨床医としての経験から、投薬や手術だけで治せない病気が大半である現実を痛感して…もっと多角的なアプローチが必要であると日々考えています。例えば、人類が海に流出させたマイクロプラスチックは魚だけでなく人体にも侵入してきています。大阪湾に放射性汚染水を放出するなんて取り返しのつかない健康被害は絶対に回避しなければなりません。

農薬や食品添加物もガンの原因となるし、環境破壊や異常気象で安全な野菜や米が入手困難となれば、栄養不足で人は様々な病気にかかりやすくなります。農業や漁業、林業などで生計が立てられない地方自治体が衰退するのは、結局都会に住む人にとってもマイナスで、日本全体〜地球全体がある程度共生できないと持続不可能です。

結局は人(自分も周りも)が大切で、人類がどんな行動をするか?が問われる時代なのだな〜と改めて感じました。

投稿者: DrSnow


SEARCH