Drスノウブログ

2017.07.26更新

けいはんな地域の皆様方へ~紫外線と猛暑が厳しい毎日が続いております。本日は私達女性なら誰しも気になるシミのお話、両頬に蝶々の羽根を拡げたようにぼんやり拡がるシミは肝班(かんぱん)かもしれません?

肝班(かんぱん)は更年期や妊娠前後に悪化しやすい傾向があり、女性ホルモンのアンバランスや間違ったスキンケア(シミを隠す為の濃いメイクや摩擦など)、紫外線やストレスが原因と言われています。

治療の基本は紫外線対策や正しいスキンケア、トランサミン・シナール内服、イオン導入やケミカルピーリングなどの保存療法です。通常レーザー治療は禁忌とされていますが、唯一Qスイッチヤグレーザーによるレーザートーニングは肝班を改善する効果がありますflower2

チラシ

なら美容形成クリニックでは、スキンケアやメディカルエステに加え、専門医によるレーザートーニングをおこなっております。1-2週間毎に6回1クールの照射をおこないます。治療後のメイクも可能で、光治療I2PL+同様にダウンタイムは殆どありません。

美容形成アンチエイジング医療&メディカルエステのお問い合わせ・ご予約は、奈良市のなら美容形成クリニック0742-27-1309迄どうぞお気軽にお電話下さいませ。初めての方のスキンケアカウンセリングは無料です。

投稿者: DrSnow